花の名所

東北地方のひまわりの名所とイベント情報

日本には、四季折々の花々が楽しめる公園がたくさんあります。

花が見頃を迎える時期は、地元の人々から観光客まで多くの人でにぎわいますね。

そこで東北地方のひまわりの名所とそのスポットの詳細、イベント情報などをまとめました!

デートや家族で夢のような世界を楽しんでみませんか。

※新型コロナウイルス感染防止のため、営業時間の変更やイベント内容の変更・中止の可能性があります。
※事前にウェブサイト等で最新の情報をご確認ください。

青森県のひまわりの名所とイベント情報

【ひまわり畑】

今や、知る人ぞ知る弘前市街のひまわり畑。
弘前市若葉町のコメリ弘前若葉店の裏手にある。
ギャラリー森山さんが所有している土地に、土壌改良のため2013年からひまわりが植えられたのが始まり。
夏はひまわり畑だが、春には菜の花畑に姿を変える。
岩木山が一望できる絶好のロケーションにあり、広大な畑に広がるひまわりと岩木山とのコラボは絶景!
なお、このひまわり畑はGoogle Mapには登録されていないため、ウェブサイトの地図参照。

見ごろ:8月上旬~8月中旬
お問い合わせ:0172-35-6787(ギャラリー森山)
所在地:青森県弘前市若葉1-5-26 ひまわり畑
営業時間・定休日:
利用料金:ギャラリー森山入館料:
大人/500円
小人/300円
アクセス:【電車】
弘南鉄道大鰐線「弘高下(ひろこうした)駅」から徒歩約27分
【車】
東北自動車道「大鰐弘前IC」から約22分
駐車場:
イベント情報:
ウェブサイト:【弘前市】知る人ぞ知る弘前市街のひまわり畑が見頃に!|号外NET弘前市(中南)

岩手県のひまわりの名所とイベント情報

【煙山公園 ひまわり畑】

約2haの場所に6万本のひまわりが所狭しと咲き誇り、夏の暑さを忘れさせてくれるほどの圧巻の光景が広がる。
ひまわり畑内には散策路もあり、間近でひまわりを鑑賞することもできる。
なかでも、南昌山を背景にしたひまわり畑は美しく、一面のひまわりを撮影することができる絶景の撮影ポイントにもなっている。
ちなみに、この場所は旧盛岡営林署管理地で、暫定的にひまわり畑として利用されている。
そのため、具体的な活用や利用方法が決まれば、ひまわり畑の存続は難しい。
広大なひまわり畑を見たいなら、早めに足を運ぶのがおススメ。
例年の見頃は8月中旬~下旬で、お盆時期に満開期を迎える。
また、春は一面の菜の花畑に変わる。

見ごろ:8月中旬~8月下旬
お問い合わせ:019-697-2111(矢巾町役場)
所在地:岩手県紫波郡矢巾町煙山
営業時間・定休日:
利用料金:無料
アクセス:【電車】
JR北海道新幹線・秋田新幹線・東北本線・田沢湖線・山田線・IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線(JR花輪線直通含む)「盛岡駅」からタクシーで約30分
JR東北本線「矢幅駅」からタクシーで約20分
【車】
東北自動車道「盛岡IC」から約10分
東北自動車道「矢巾スマートIC」から約10分
駐車場:あり
イベント情報:※岩手県の緊急事態宣言の発令に伴い、2021年8月14日~2021年8月22日に運行予定だった「煙山ひまわりパークシャトルバス」は運行中止となりました。
ウェブサイト:煙山ひまわりパーク(岩手県紫波郡矢巾町煙山)―ひまわり畑ネット

宮城県のひまわりの名所とイベント情報

【ひまわりの丘】

宮城県の北部にある大崎市は、平成18年に古川市・遠田郡田尻町・志田郡三本木町・松山町・鹿島台町・玉造郡岩出山町・鳴子町の1市6町が新設合併して誕生した地。
三本木町にあるひまわり畑は、栽培面積6haのひまわりの丘に42万本が咲く。
昭和62年より本格的に栽培が始まり、夏には「ひまわりまつり」が開催。
会場ではひまわりの種を利用したひまわり油、菓子、ひまわり麺などの特産品も販売される。
見頃は8月中旬までの約2週間だが、一番の盛りは8月10日前後。
丘一面がびっしりと黄色に覆われていて、見る人を圧倒するほど。
また、有料にてひまわりの花を摘んで持ち帰ることもできる。

見ごろ:8月上旬~8中旬
お問い合わせ:0229-52-6232
所在地:宮城県大崎市三本木斉田(真岸) ひまわりの丘
営業時間・定休日:9時~17時
利用料金:無料
アクセス:【バス】
JR東北新幹線・陸羽東線「古川駅」からミヤコーバス「三本木音無」行きで30分「三本木音無」下車、徒歩10分
【車】
東北自動車道「三本木スマートIC」から約5分
東北自動車道「古川IC」から約20分
駐車場:あり、有料
200台(200円)
イベント情報:ひまわりまつり
2021年7月24日~2021年8月16日
ウェブサイト:大崎市三本木ひまわりの丘(宮城県大崎市三本木斉田字真岸37-27)―ひまわり畑ネット

山形県のひまわりの名所とイベント情報

【天童市ひまわり迷路】

約4500平方メートルの敷地に、約10万本のひまわりでできている巨大なひまわり迷路。
これは干布(ほしぬの)地域づくり委員会が毎年制作しているもので、7月下旬から8月中旬にかけて一般公開されている。
約2mに育ったひまわりが密生している中を進むと、大人でもまるで小人になったような気分になる。
迷路内にはやぐらも組んであるので、上から迷路の状況を確認することもできる。
ただし、迷路で遊ぶ際には虫よけスプレー、長袖・長ズボンなどを用意する他、日焼け対策も忘れずに。
また、天候によっては足元が悪いこともあるため、歩きやすい靴を履いていくのが無難。
開園期間は開花状況によって変わるので、ホームページなどで事前確認推奨。
また、開設場所も諸事情によりその年によって場所が変わることもある。

見ごろ:7月下旬~8月中旬
お問い合わせ:023-654-2534(干布地域づくり委員会)
所在地:山形県天童市原町
営業時間・定休日:開催期間/
7月下旬~8月中旬
※開花状況によって変更あり
利用料金:入場無料
アクセス:【電車】
JR山形新幹線・奥羽本線(山形線)「天童駅」から徒歩約26分
駐車場:
イベント情報:ひまわり迷路
7月下旬~
ウェブサイト:天童市ひまわり迷路(山形県天童市梨ノ木(国道13号線沿い、カワチ薬品天童店向かい))―ひまわり畑ネット

【月山高原ひまわり畑】

月山高原牧場敷地内の耕作放棄地をひまわりで再生させるプロジェクトがスタート。
これは牧草地だった地域の月山高原が、ススキ野原に戻ることを防ぐためにひまわりの栽培をスタートしたというもので、月山高原が地元である山形県鶴岡市羽黒町の(株)ハグロファームが主体となって地域の人たちと連携して取り組んでいる共同プロジェクト。
ひまわり畑の総面積は約3~4ha、ひまわりの本数は100万本にもなり、日本一のひまわり畑を目指して奮闘中。
月山の北西斜面が利用され、敷地内は傾斜地になっているため遠くからでもひまわりを見渡すことができるが、畑の中に設置されている見晴らし台から眺める光景は壮大感があり、感動的。
また、近くには映画「おくりびと」など数多くの映画ロケが行われた「スタジオセディック庄内オープンセット」があり、夏休みの思い出作りの場として毎年多くの観光客が訪れる。

見ごろ:8月中旬~8月下旬
お問い合わせ:0235-62-2500
所在地:山形県鶴岡市羽黒町川代字東増川山47-1687
営業時間・定休日:
利用料金:
アクセス:【車】
山形自動車道「庄内あさひIC」から約27分
駐車場:あり。
周辺の月山牧場駐車場を利用
イベント情報:※今年はひまわりの生育状態が悪いため、例年のような鑑賞は厳しい状況のようです。
ウェブサイト:月山高原ひまわり畑(山形県鶴岡市羽黒町川代字東増川山47-1687)―ひまわり畑ネット

福島県のひまわりの名所とイベント情報

【三ノ倉高原ひまわり畑】

東北最大規模の約8.3haの広大な敷地に約250万本のひまわりを見ることができる。
会津盆地を一望できる三ノ倉スキー場のゲレンデにひまわりが咲き誇る景観は息をのむほど美しい。
ひまわりが真夏の太陽の中満開期を迎えるころに、「ひまわりフェスタin三ノ倉高原花畑」が開催される。
開催中のイベントは多彩で、ひまわり畑巨大迷路をはじめ、敷地内の遊歩道にあるチェックポイントを見つけてクイズに答えながら散策するひまわり畑ウォークラリー、ステンドグラスアート体験や親子ふれあい星空ウォッチング他、ひまわり畑でフォトコンテストなども行われる。
開花やイベント情報はホームページでも確認できる。
イベント期間中などで混雑が予想される土日には、第一駐車場からシャトルバスが運行予定。
春には菜の花を楽しむこともできる花の名所の1つであり、見晴らしの丘には「幸福の鐘」が設置されている。

見ごろ:8月上旬~9月上旬
お問い合わせ:0241-36-2115(喜多方市熱塩加納総合支所)
所在地:福島県喜多方市熱塩加納町相田字北権現森甲857-1
営業時間・定休日:◆三ノ倉高原ひまわりフェスタ
毎年8月上旬~9月上旬
利用料金:花畑整備のための協力金:1人200円
アクセス:【電車】
JR磐越西線「喜多方駅」からタクシーで約25分
【車】
磐越自動車道「会津若松IC」から約50分
駐車場:約500台、無料
イベント情報:三ノ倉高原ひまわりフェスタ
※2021年の三ノ倉高原ひまわりフェスタは中止となりました。
※ひまわりの種もまいていないため、ひまわりの鑑賞も不可
ウェブサイト:三ノ倉高原ひまわり畑(福島県喜多方市熱塩加納町相田字北権現森甲857-6)―ひまわり畑ネット

【布引風の高原】

福島県郡山市にある布引高原は、標高が約1000mあり、磐梯山や猪苗代湖が一望できる絶景スポット。
周囲には高さ100mの風力発電の風車が33基立ち並んでいることから、「風の高原」と呼ばれている。
毎年8月中旬~9月上旬になると、広さ約4haの敷地に約20万本のひまわりが咲き誇る。
ひまわりの見頃の8月下旬の時期には、毎年「布引風の高原まつり」も開催されている。
布引風の高原には展望台やウォーキングコースも備えられているため、あたり一面ひまわりの中をゆっくり散歩して景観を楽しみたい。

見ごろ:8月中旬~9月上旬
お問い合わせ:024-983-2117
所在地:福島県郡山市湖南町赤津 布引高原
営業時間・定休日:◆郡山布引風の高原まつり
毎年8月下旬
利用料金:無料
アクセス:【車】
東北自動車道「郡山南IC」から約45分
磐越自動車道「猪苗代磐梯高原IC」から約40分
駐車場:あり、普通車92台
イベント情報:郡山布引風の高原まつり
※2021年の郡山布引風の高原まつりは中止となりました。
ウェブサイト:郡山布引 風の高原 ひまわり畑(福島県郡山市湖南町赤津)―ひまわり畑ネット

★参考文献★

全国 花・自然のよりみち案内―ロコナビ
全国のイベント一覧・花・自然―ウォーカープラス

-花の名所
-, , , , , , ,

Copyright© おでかけインフォ〜家族と楽しむ外遊び , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.