花の名所

近畿地方のひまわりの名所とイベント情報

日本には、四季折々の花々が楽しめる公園がたくさんあります。

花が見頃を迎える時期は、地元の人々から観光客まで多くの人でにぎわいますね。

そこで近畿地方のひまわりの名所とそのスポットの詳細、イベント情報などをまとめました!

デートや家族で夢のような世界を楽しんでみませんか。

※新型コロナウイルス感染防止のため、営業時間の変更やイベント内容の変更・中止の可能性があります。
※事前にウェブサイト等で最新の情報をご確認ください。

滋賀県のひまわりの名所とイベント情報

【第1なぎさ公園】

琵琶湖の東岸にある自然公園の第1なぎさ公園。
日本の渚百選にも選定されている絶景スポットで、冬になると約4000平方メートルの敷地に早咲きの菜の花であるカンザキハナナ(寒咲花菜)が約12000本ほど咲き、雪の残る比良山とのコントラストがとても美しい。
また、夏はひまわりの一種のハイブリッドサンフラワーが約12000本畑に咲くスポットとして有名。

見ごろ:7月中旬~8月中旬
お問い合わせ:077-582-1266
所在地:滋賀県守山市今浜町 第1なぎさ公園
営業時間・定休日:常時
利用料金:無料
アクセス:【バス】
JR東海道本線(琵琶湖線)「守山駅」から近江鉄道バス「琵琶湖マリオットホテル」行きで「第1なぎさ公園」下車すぐ
【車】
名神高速道路「栗東(りっとう)IC」から約30分
湖西道路「真野IC」から約15分
駐車場:あり
第1なぎさ公園:普通車約35台
みさき自然公園駐車場:
普通車約282台
8時~17時
600円(7月・8月のみ)
イベント情報:
ウェブサイト:第1なぎさ公園(滋賀県守山市今浜町地先)―ひまわり畑ネット

【滋賀農業公園ブルーメの丘】

ドイツ・バイエルン地方の農村を再現した観光施設。
門・遊・花・街・村・牧の6つのエリアには自然や動物に親しめる施設があり、羊・馬・ヤギ・ウサギ・カンガルー・カピバラなどと触れ合ったり、クラフト体験などの各種体験、石窯パンや地ビールに舌鼓を打ったり、楽しい遊具で遊んだりと家族で楽しめる農業のテーマパークでもある。
春は桜や20万本の菜の花、123種13万球のチューリップ、ネモフィラ、バラ園のバラが咲き誇り、夏は10万本のひまわりなど、9月下旬~11月上旬の秋にかけては30万本のコスモスが秋の風情を感じさせながら咲き誇る。
また、バラ園・ハーブガーデン・温室などもあり、季節ごとに咲き誇るさまざまな花を楽しめる他、足漕ぎボート・変形自転車・アーチェリー・ゴーカート・木製アスレチックなど体を動かして遊べる施設もある。

見ごろ:7月下旬~9月上旬
お問い合わせ:0748-52-2611
所在地:滋賀県蒲生郡日野町西大路843
営業時間・定休日:(3月~11月)
土日祝:9時30分~18時
平日:10時~17時
定休日/毎週水曜
※春休み・4月~5月・夏休みを除く。
※水曜が祝日の場合は営業
(12月~2月)
10時~17時
定休日/毎週水曜・木曜
利用料金:大人(中学生以上)/1,000円
子供(4歳~小学生)/600円
幼児(3歳以下)/無料
ワンちゃん/300円
※混合ワクチン、狂犬病ワクチンの接種証明書提示
障がい者:
大人(中学生以上)/500円
子供(4歳~小学生)/300円
※障がい者手帳等提示
アクセス:【バス】
JR東海道本線(琵琶湖線)「近江八幡駅」南口から近江バス「北畑口」行きで約50分「幅野町」下車、徒歩10分
【車】
名神高速道路「蒲生スマートIC」から約20分
名神高速道路「八日市IC」から約20分
新名神高速道路「甲賀土山IC」から約25分
名阪国道「上柘植(かみつげ)IC」から約40分
駐車場:約2060台、無料
乗用車約2000台
大型バス約60台
イベント情報:ひまわりフェスタ
2021年7月17日~2021年8月31日
ウェブサイト:滋賀農業公園 ブルーメの丘(滋賀県蒲生郡日野町西大路843)―ひまわり畑ネット

大阪府のひまわりの名所とイベント情報

【花博記念公園鶴見緑地】

平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある、大阪を代表する公園。
園内は約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、シンボルの風車前の広場には、春はチューリップが広がって鮮やかな彩りを見せてくれる。
また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。
園内数か所の花壇では、毎年数品種のひまわりがローテーションで栽培されており、7月から8月にかけて見頃となるひまわりの名所になる。
鶴見緑地には乗馬苑やパークゴルフ場もあり、ファミリーにもおすすめ。

見ごろ:7月中旬~8月上旬
お問い合わせ:06-6911-8787(鶴見緑地パークセンター)
9時~17時30分
休日:年末年始
所在地:大阪府大阪市鶴見区緑地公園2 花博記念公園鶴見緑地
営業時間・定休日:常時開園
風車の丘のある山のエリア:
9時~17時30分
定休日/無休
※施設によって休館日あり
利用料金:入園無料
アクセス:【電車】
大阪メトロ長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」から徒歩すぐ
【車】
近畿自動車道「門真IC」から約12分
近畿自動車道「大東鶴見IC」から約13分
第二京阪道路「第二京阪門真IC」から約15分
駐車場:あり、有料
中央第1駐車場:445台
中央第2駐車場:242台
南駐車場:304台
北西駐車場:156台
西駐車場:69台
昼間(7時~19時)/60分300円
夜間(19時~翌7時)/120分100円
24時間最大料金/
平日700円、休日1,000円
イベント情報:
ウェブサイト:花博記念公園鶴見緑地

兵庫県のひまわりの名所とイベント情報

【あわじ花さじき】

明石海峡大橋開通と同じ1998年4月に開園したあわじ花さじき。
兵庫県外郭団体の県園芸・公園協会が運営し、四季に咲く花と明石海峡と大阪湾を望む絶景が無料で楽しめる、近畿地方屈指の花の公園。
あわじ花さじきは淡路島北部の丘陵地域にあり、海に向かってなだらかに広がる高原に色鮮やかな花のじゅうたんが広がる。
また、園内には地上から約10mの高さに展望台も設置されており、展望台からは大阪湾の大パノラマを一望できるので、訪れた際は忘れずに登りたい。
あわじ花さじきのひまわりは、毎年7月下旬~8月中旬になると約8万本が広大な敷地に咲き誇る。
敷地いっぱいに咲くひまわりと空のコントラストの解放感が素晴らしいスポット。

見ごろ:7月下旬~8月中旬
お問い合わせ:0799-74-6426
所在地:兵庫県淡路市楠本2865-4 あわじ花さじき
営業時間・定休日:営業時間/9時~17時(最終入園16時30分)
※季節により開園時間が変動する場合あり
休園日/年末年始
利用料金:無料
アクセス:【バス】
JR山陽本線(JR神戸線)「舞子駅」・山陽電鉄本線「舞子公園駅」から高速バスで「東浦バスターミナル」下車、タクシーで5km
淡路市北部・南部生活観光バス(あわ神あわ姫バス)で「東浦バスターミナル」下車、タクシーで5km
【船】
明石港から高速船で「岩屋ポート」下船、タクシーで9km
【車】
神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」から約12分
神戸淡路鳴門自動車道「東浦IC」から約10分
駐車場:あり、有料
大型バス/10台、1回1,600円
普通車/約200台、1回200円
※春と秋の混雑時は北側の県道沿いに臨時駐車場を開設(280台、無料)
イベント情報:
ウェブサイト:あわじ花さじきホームページ

【淡路ファームパークイングランドの丘】

「淡路ファームパークイングランドの丘」は兵庫県南あわじ市、淡路島にある農業公園。
かわいい動物たちと触れ合えるエリア、季節によって変わる花を楽しめるお花畑、野菜の収穫やパン作りなどを体験できるエリアなどがあり、幅広くレジャーを楽しむことができるスポット。
イングランドの丘では、7月下旬から8月下旬までならいつ来園してもひまわりが見られるように時期をずらして種まきが行われる。
メインの5万本の大花畑の見頃は8月中旬頃の予定。(全体のひまわりは約10万本)

見ごろ:7月下旬~8月下旬
お問い合わせ:0799-43-2626(南淡路農業公園株式会社)
所在地:兵庫県南あわじ市八木養宜上(やぎようぎかみ)1401 淡路ファームパークイングランドの丘
営業時間・定休日:営業時間/
(4月~9月)
平日:9時30分~17時
土日祝:9時30分~17時30分
(10月~3月)
平日:9時30分~17時
土日祝:9時30分~17時
※最終入場は閉園の30分前
※GW・クリスマスなどは時間変動あり
休園日/月により異なる。
※2021年9月1日~2021年9月12日は火・水・木休園
利用料金:大人(高校生以上)/1,000円
小人(4歳~中学生)/200円
3歳以下/無料
アクセス:【車】
神戸淡路鳴門自動車道「洲本IC」から約5分
駐車場:最大1000台、無料
イベント情報:淡路島 イングランドの丘 ひまわり大作戦!
2021年7月中旬~2021年8月下旬
ウェブサイト:淡路島 イングランドの丘 ひまわり大作戦!(兵庫県南あわじ市八木養宜上1401)―ひまわり畑ネット

【佐用町南光ひまわり祭り】

兵庫県の南西部に位置する佐用町は、全6地区合計約23.8ha・約120万本のひまわりが咲き誇る、規模だけなら国内最大のひまわり畑の地。
7月上旬から8月中旬にかけて、時期を少しずつずらして開花する。
林崎地区の南光スポーツ公園をメインに開催される「佐用町南光ひまわり祭り」は畑一面に広がるひまわりが見事で、ひまわり迷路などアトラクションを楽しめる。
また、この地のひまわり畑はひまわりの種から採れる油をボディソープや料理に活用しようと、1990年から町内の休耕田を利用して始まった。
祭り期間中にはひまわりの種で作られたドレッシング、アイスクリーム、ボディソープなども販売され、町内にある「ひまわり館」でもひまわり関連商品が販売される。

見ごろ:7月上旬~8月中旬
お問い合わせ:0790-82-0670(佐用町 商工観光課 商工振興室)
所在地:兵庫県佐用郡佐用町林崎839
営業時間・定休日:開園時間/8時30分~17時
利用料金:入園料:200円(小学生以下無料)
アクセス:【電車】
JR姫新線「播磨徳久(はりまとくさ)駅」から徒歩約25分
※佐用町南光ひまわり祭り期間中の土日のみ播磨徳久駅から無料シャトルバスあり
【車】
中国自動車道「佐用IC」から約10分
駐車場:あり、有料
南光スポーツ公園駐車場:
普通車/500円
バス/2,000円
※日曜日は満車になる場合あり
イベント情報:佐用町南光ひまわり祭り
2021年7月17日~2021年8月1日
※2021年は例年より縮小(3地区、合計52万本)
ウェブサイト:佐用町南光ひまわり畑(兵庫県佐用郡佐用町林崎839 南光スポーツ公園周辺)―ひまわり畑ネット

★参考文献★

全国 花・自然のよりみち案内―ロコナビ
全国のイベント一覧・花・自然―ウォーカープラス

-花の名所
-, , , , ,

Copyright© おでかけインフォ〜家族と楽しむ外遊び , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.