花の名所

東北・関東・甲信越地方のネモフィラの名所の例年の見頃は?アクセス・イベント情報つき

各スポットの花イベント情報(2023年版)

日本には四季折々の花々が楽しめる公園がたくさんあります。

けれども、見頃の時期に合わせるのはなかなか難しいですよね。

そこで東北・関東・甲信越地方のネモフィラの名所と例年の見頃、アクセス、イベント情報などをまとめました!

デートや家族で夢のような時間を楽しんでみませんか。

※新型コロナウイルス感染防止のため、営業時間の変更やイベント内容の変更・中止の可能性があります。
※事前にウェブサイト等で最新の情報をご確認ください。

目次

福島県のネモフィラの名所の例年の見頃・アクセス・イベント情報

【いわき市フラワーセンター】

いわき市フラワーセンターでは約26万平方メートルの広大な敷地を利用して、たくさんの植物たちが植えられている。
春はネモフィラが見頃を迎える。
風力発電の風車の下にひろがるネモフィラブルーと、季節の花々が色とりどり咲いて華やかな景色を見て楽しめる。
園内には、温帯植物ゾーンやあじさいゾーンなどもあり、約600種類の花や植物が植えられている。
海まで見渡せる高台にあり、四季を通じて約600種・約5万本の花が咲き誇る。
ネモフィラの咲き始めは満開の桜と、その後は白い風車とのコントラストで訪れる人を楽しませる。
ペットと入園できる施設なので、愛犬などと一緒に華やかな景色を楽しめる。
※詳細は公式サイト参照

見ごろ:4月上旬~5月上旬
お問い合わせ:0246-22-5667
所在地:福島県いわき市平四ツ波字石森116
営業時間・定休日:開催期間/4月上旬~5月上旬
開催時間/9時~17時
休園日/毎週火曜日
※予約不要
利用料金:入場無料
アクセス:【電車】
JR常磐線・磐越東線「いわき駅」からタクシーで約20分
【車】
常磐自動車道「いわき中央IC」から約30分
駐車場:380台、無料
イベント情報:いわき市フラワーセンターのネモフィラ
2023年4月上旬~2023年5月上旬
9時~17時
休園日/毎週火曜日
※予約不要
ウェブサイト:園内ガイド | いわき市フラワーセンター

茨城県のネモフィラの名所の例年の見頃・アクセス・イベント情報

【こもれび森のイバライド】

3月初旬~5月下旬まで、清々しい青色の花を咲かせるネモフィラが見頃に。
無数の花々の開花時には、園内に青色のじゅうたんが敷設されたような圧巻の光景が広がる。
4月下旬ごろまでは、3品種2万本のチューリップも花を咲かせ、7万本のネモフィラとの見事な共演が見られる。
見ごろを終えたチューリップは、5月に球根掘りイベントを開催。
大人はもちろん、土に触れるのが初めてという子供まで、幅広い年代が楽しめる。
球根掘りの日程など、最新情報は公式サイトにて発表。
※見頃の時期は気候の変化により変動する場合あり

見ごろ:3月上旬~5月下旬
お問い合わせ:029-892-3911
所在地:茨城県稲敷市上君山2060-1
営業時間・定休日:開催期間/2023年3月上旬~2023年5月下旬
開催時間/10時~17時
休園日/毎週火曜(※5月中の火曜日は開園
※予約不要
利用料金:入園料:
大人(中学生以上)/1,200円
子ども(4歳~小学生)/800円
3歳以下無料
アクセス:【バス】
JR常磐線「牛久駅」から無料送迎バスで約30分(土日祝のみ)
【電車】
JR常磐線「竜ケ崎市駅」から車で約30分
【車】
圏央道「阿見東IC」から約15分
圏央道「稲敷IC」から約10分
駐車場:2000台、有料
普通車/1台500円
イベント情報:こもれび森のイバライドのネモフィラ
2023年3月上旬~2023年5月下旬
10時~17時
休園日/毎週火曜(※5月中の火曜日は開園
※予約不要
ウェブサイト:こもれび森のイバライド 茨城県

埼玉県のネモフィラの名所の例年の見頃・アクセス・イベント情報

【国営武蔵丘陵森林公園 西口ひろば花畑】

「瑠璃唐草」とも呼ばれ、春の花として人気のネモフィラ。
国営武蔵丘陵森林公園の西口ひろば花畑では、4月上旬から下旬にかけ約10万本のネモフィラが開花する。
頭上に広がる青空、足元の花畑を染め上げるネモフィラの青のじゅうたん。
その2つの色が重なり合う”青”の共演による絶景は、一度見たら忘れられない。
2020年の花畑の改装工事で、花畑の丘を登るバリアフリー園路を設置。
花道をのんびりと散策しながらネモフィラを観賞できるのはもちろん、さまざまな角度から写真撮影ができる。

見ごろ:4月上旬~4月下旬
お問い合わせ:0493-57-2111(国営武蔵丘陵森林公園 管理センター)
所在地:埼玉県比企郡滑川町山田1920
営業時間・定休日:開催期間/4月上旬~4月下旬
開催時間/9時30分~17時
※予約不要
利用料金:入園料:
大人(高校生以上)/450円
シルバー(65歳以上)/210円
中学生以下無料
アクセス:【バス】
東武東上線「森林公園駅」から立正大学行きまたは熊谷駅南口行きバスで「滑川中学校前」下車、徒歩5分
【車】
関越自動車道「東松山IC」から熊谷方面へ約10分
駐車場:1600台、有料
普通車/700円
大型車/1,700円
自動二輪/250円
イベント情報:国営武蔵丘陵森林公園のネモフィラ
2023年4月上旬~4月下旬
9時30分~17時
※予約不要
ウェブサイト:国営武蔵丘陵森林公園|全国で初めての国営公園

千葉県のネモフィラの名所の例年の見頃・アクセス・イベント情報

【富田さとにわ耕園】

富田さとにわ耕園では、豊かな自然の中で季節ごとにさまざまな花が咲き誇り、多くの訪問者でにぎわう。
約12万株の芝桜が4月上旬頃まで、ネモフィラ・ポピーなどは5月中旬頃まで楽しむことができる。

見ごろ:4月上旬~5月中旬(ネモフィラ・ポピー)
4月上旬(芝桜)
お問い合わせ:043-226-0022
所在地:千葉県千葉市若葉区富田町711-1
営業時間・定休日:開催期間/4月上旬~5月中旬
4月上旬~5月中旬まではネモフィラ・ポピー、芝桜は4月上旬が見頃
※予約不要
利用料金:入場無料
アクセス:【バス】
千葉都市モノレール2号線「千城台駅」からおまごバスで「富田町原田池」下車、徒歩1分
千葉都市モノレール2号線「千城台駅」からさらしなバスで「富田町1」下車、徒歩13分
【車】
千葉東金道路「高田IC」から約10分
駐車場:200台、無料
イベント情報:富田さとにわ耕園のネモフィラ
2023年4月上旬~2023年5月中旬
4月上旬~5月中旬まではネモフィラ・ポピー、芝桜は4月上旬が見頃
※予約不要
ウェブサイト:千葉市富田都市農業交流センターHP

【マザー牧場】

場内の「花の谷」の斜面を、約80万本のネモフィラが爽やかな水色に彩る。
初夏の澄み渡る青空と新緑が光り輝く広大な景色とのコラボレーションをお楽しみに。

見ごろ:4月中旬~5月上旬
お問い合わせ:0439-37-3211(マザー牧場)
所在地:千葉県富津市田倉940-3
営業時間・定休日:開催期間/
2023年4月15日~2023年5月10日
開催時間/
平日:9時30分~16時30分
土日祝:9時~17時
利用料金:入場料:
大人(中学生以上)/1,500円
子ども(4歳~小学生)/800円
アクセス:【車】
館山自動車道「君津PAスマートIC」から約10分(ETC専用普通車以下)から約15分
【バス】
JR内房線「君津駅」からマザー牧場行き直通路線バスで約35分
駐車場:4000台、有料
乗用車/1,000円
オートバイ/300円
大型バス/3,000円
イベント情報:マザー牧場のネモフィラ
2023年4月15日~2023年5月10日
平日:9時30分~16時30分
土日祝:9時~17時
ウェブサイト:ネモフィラ│花の鑑賞│牧場で何ができる?│マザー牧場

東京都のネモフィラの名所の例年の見頃・アクセス・イベント情報

【東京駅 丸の内南口 丸の内ビルディング付近(集合)】

日帰りでシーズンの花々を見に行くことができるイベントプラン。
ネモフィラと空と海とが織りなす青のハーモニー「国営ひたち海浜公園」:
「みはらしの丘」の一面を青一色に染め上げる約530万本のネモフィラ。
絶景!天然記念物の大藤・白藤「あしかがフラワーパーク」:
樹齢160年におよぶ600畳敷きの藤棚を持つ世界一の美しさを誇る大藤や長さ80mもの白藤のトンネル、めずらしいきばな藤など350本以上の藤が咲き誇る。

見ごろ:
お問い合わせ:0570-063-800(株式会社ローソンエンタテインメント)
所在地:東京都千代田区丸の内2丁目4-1
営業時間・定休日:開催期間/2023年4月22日~2023年5月6日
開催日/4月22日、5月3日、5月6日。(各日帰り)
開催時間/7時30分~19時
利用料金:大人/9,900円
子ども/9,400円
アクセス:【電車】
JR東北新幹線・山形新幹線・秋田新幹線・北海道新幹線・上越新幹線・北陸新幹線・東海道線(上野東京ライン)・宇都宮線・高崎線・常磐線・京浜東北線・山手線・中央線・横須賀線・総武線(快速)・武蔵野線・京葉線・東海道新幹線・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」丸の内南口改札口から徒歩約5分
駐車場:なし
イベント情報:華の共演!国営ひたち海浜公園「ネモフィラ」とあしかがフラワーパーク「大藤・白藤」
2023年4月22日~2023年5月6日
開催日/4月22日、5月3日、5月6日。(各日帰り)
開催時間/7時30分~19時
集合場所:東京駅 丸の内南口 丸の内ビルディング付近
ウェブサイト:華の共演!国営ひたち海浜公園「ネモフィラ」とあしかがフラワーパーク「大藤・白藤」|ローソントラベル

【HANA・BIYORI】

よみうりランド遊園地に隣接するエンターテインメント型フラワーパーク「HANA・BIYORI」では、毎日満開の花々を見ることができる。
春は桜の木に囲まれた屋外広場が約2万本の花々が咲き誇る花畑になり、4月上旬~5月上旬に見頃を迎えるネモフィラをはじめ、アリッサム、マーガレットなど20品種の花々が訪れる人の目を楽しませてくれる。
フラワーパークの中心に位置する温室内の目玉で、日本最大級の300鉢を超えるフラワーシャンデリア(吊り花)も見逃せない。
四季の庭に加え、敷地奥の斜面でも3000本のネモフィラを楽しめる。
歩経路を挟んで下側のシレネ・ピンクパンサーとのコントラストが見どころ。

見ごろ:4月上旬~5月上旬
お問い合わせ:044-966-8717
所在地:東京都稲城市矢野口4015-1
営業時間・定休日:開催期間/4月上旬~5月上旬
開催時間/10時~17時
休園日/2023年4月14日・28日
※予約不要
利用料金:入園料:
大人(中学生以上)/1,200円
シニア(65歳以上)/1,000円
小人(3歳~小学生)/600円
アクセス:【電車】
京王相模原線「京王よみうりランド駅」から徒歩約10分
【バス】
京王相模原線「京王よみうりランド駅」から無料シャトルバスあり
【車】
中央自動車道「稲城IC」直結(稲城大橋から約5分)
駐車場:あり
HANA・BIYORI利用者は2時間無料、以降30分300円
当日最大1,500円
物販売店およびカフェ1店舗で1,000円以上の利用をした場合は追加1時間無料
イベント情報:HANA・BIYORIのネモフィラ
2023年4月上旬~2023年5月上旬
10時~17時
休園日/2023年4月14日・28日
※予約不要
ウェブサイト:【HANA・BIYORI】新感覚フラワーパーク

【国営昭和記念公園 ハーブの丘】

空のように爽やかな青色が特徴的な可愛らしいお花、ネモフィラ。
丘の斜面にある花畑では、晴天時、花畑から空へと続く青一色の景色を撮影できることも。
また、4月中旬頃にはハーブの丘隣の渓流広場にある、チューリップガーデンに咲き誇る245品種・25万球のチューリップも加えた壮大な花修景を見ることができる。
チューリップとネモフィラの色のコントラストを楽しめる。
ハーブの丘付近にはチューリップだけでなく、「どこを切り取っても花束に」をコンセプトに”ブーケガーデン”と名づけられた18品種30万株の花が咲き誇る花畑や、20万株の菜の花が咲いており、一帯が小さな「花のテーマパーク」のようになっている。

見ごろ:4月中旬~5月上旬
お問い合わせ:042-528-1751(管理センター)
※自動応答
所在地:東京都立川市緑町3173
営業時間・定休日:開催期間/4月中旬~5月上旬
開催時間/
平日:9時30分~17時
土日祝:9時30分~18時
※予約不要
利用料金:【一般料金】
大人(15歳以上)/450円
シルバー(65歳以上・要証明)/210円
小中学生無料
【年間パスポート】
大人(15歳以上)/4,500円
シルバー(65歳以上・要証明)/2,100円
※発売当日より1年間有効。登録本人のみ利用可。レインボープールなど一部利用不可。
アクセス:【電車】
JR中央本線(中央線)・青梅線・南武線「立川駅」から徒歩10分
多摩都市モノレール「立川北駅」から徒歩8分
JR青梅線「西立川駅」から徒歩2分
【車】
中央自動車道「国立府中IC」から約30分
駐車場:2531台、有料
普通車/900円
二輪車/250円
大型車/1,800円
イベント情報:国営昭和記念公園のネモフィラ
2023年4月中旬~2023年5月上旬
平日:9時30分~17時
土日祝:9時30分~18時
※予約不要
ウェブサイト:国営昭和記念公園公式ホームページ

【日比谷公園 第二花壇】

4月前後に日比谷公園第二花壇の西側一面に可憐なネモフィラが咲き、園路を鮮やかに彩る。
ネモフィラ花壇の近くにはベンチがあり、園内には大噴水や図書館なども併設。
家族や友達でのんびり過ごすもよし、ぽかぽか陽気の中を散歩するのもよし。
思い思いに春を満喫できる。
花壇の目の前まで近寄って、ビル×ネモフィラといった都心のど真ん中、日比谷公園ならではの構図の写真を撮影できるのも醍醐味。
視点を低くして写真を撮ると、淡いブルーとのコントラストが美しい。

見ごろ:4月上旬~4月下旬
お問い合わせ:03-3501-6428(日比谷公園サービスセンター)
8時30分~17時30分
所在地:東京都千代田区日比谷公園1-6
営業時間・定休日:開催期間/4月上旬~4月下旬
サービスセンター営業時間:8時30分~17時30分
※予約不要
利用料金:入場無料
アクセス:【電車】
東京メトロ日比谷線・千代田線・有楽町線・都営三田線「日比谷駅」から徒歩2分
駐車場:なし
イベント情報:日比谷公園のネモフィラ
2023年4月上旬~2023年4月下旬
開催場所:日比谷公園 第二花壇
※予約不要
ウェブサイト:日比谷公園|公園へ行こう!

神奈川県のネモフィラの名所の例年の見頃・アクセス・イベント情報

【長井海の手公園ソレイユの丘】

長井海の手公園ソレイユの丘は、2023年4月14日にリニューアルオープン。
2倍の広さになったフラワーガーデンでは、ネモフィラが鮮やかに色づく。
ネモフィラ、空、海がブルーでつながる圧巻の景色を楽しめる。
花畑には、立体的でアーティスティックな花や緑が楽しめるフォトスポットも設置予定。

見ごろ:4月上旬~4月中旬
お問い合わせ:046-857-2500
所在地:神奈川県横須賀市長井4
営業時間・定休日:開催期間/4月上旬~4月中旬
開催時間/9時~18時
※予約不要
利用料金:入場無料
※公園内各施設によって、別途料金が発生
アクセス:【バス】
京浜急行久里浜線「三崎口駅」から京急バス(ソレイユの丘行き)で約20分、終点下車すぐ
京浜急行久里浜線「三崎口駅」から京急バス(荒崎行き)で約20分「漆山」下車、徒歩10~15分
【電車】
京浜急行久里浜線「三崎口駅」から徒歩45分
【車】
三浦縦貫道路「林IC」から約10分
駐車場:1700台、有料
普通車/1回1,050円
大型車(車高2.7m以上)/1回2,500円
バイク(51cc以上)/1回400円
イベント情報:長井海の手公園 ソレイユの丘のネモフィラ
2023年4月上旬~2023年4月中旬
9時~18時
※予約不要
ウェブサイト:[公式] 長井海の手公園 ソレイユの丘

【くりはま花の国】

3種類100万本のポピー・ネモフィラが咲き誇るくりはま花の国で、「ポピー・ネモフィラまつり」が開催。
期間中の土日祝は家族や友達と楽しめる催しが盛りだくさん。
4月29日~5月5日は巨大な段ボール迷路が登場するほか、5月5日は「こどもの日イベント 手作りおもちゃ」、5月13日は「くりはま花の街フェア」(※雨天時は14日に順延)、4月15日・16日、5月20日・21日は「こども縁日」などが開催。
また4月22日から5月14日まではポピー園に優雅なこいのぼりも登場する。
色とりどりの花に囲まれた園内で、充実の一日を過ごそう。
シーズンの締めくくりとして、5月27日・28日は恒例のポピー無料花摘み大会を開催。
ハサミ、軍手、新聞紙などの入った花摘みセットも1セット300円で販売しているので、手ぶらで参加できる。
※プログラムにより雨天中止あり

見ごろ:4月下旬~5月上旬
お問い合わせ:046-833-8282
所在地:神奈川県横須賀市神明町1
営業時間・定休日:開催期間/2023年4月8日~2023年5月28日
開催時間/くりはま花の国は24時間開園
※「ポピー・ネモフィラまつり」期間中のイベントの開催時間等は公式サイトを参照
※予約不要
利用料金:入場無料
フラワーバス料金:
大人(中学生)/300円
子供(3歳~小学生)/200円
※期間中のイベント、体験プログラムは一部有料
アクセス:【電車】
JR横須賀線「久里浜駅」または京急久里浜線「京急久里浜駅」から徒歩15分
【車】
横浜横須賀道路「佐原IC」から約30分
駐車場:427台、有料
普通車/1回630円
大型車/1回2,100円
イベント情報:ポピー・ネモフィラまつり
2023年4月8日~2023年5月28日
くりはま花の国は24時間開園
※「ポピー・ネモフィラまつり」期間中のイベントの開催時間等は公式サイトを参照
※予約不要
ウェブサイト:横須賀市 くりはま花の国

山梨県のネモフィラの名所の例年の見頃・アクセス・イベント情報

【山中湖 花の都公園 清流の里】

富士山に一番近い湖にある「山中湖花の都公園」は標高1000mの高原にあり、約30万平方メートルの広大な敷地に一面の花畑が広がる。
4月下旬~5月上旬にはチューリップ、5月上旬~6月上旬頃にはネモフィラが見頃を迎え、時期によってはチューリップとネモフィラの両方が楽しめる。
また、ネモフィラと富士山の絶景も見ごたえがある。
園内には親子で楽しめる「水遊具広場」や雄大な「明神の滝」などもあり、「花」と「水」を楽しめる。

見ごろ:5月上旬~6月上旬
お問い合わせ:0555-62-5587(山中湖 花の都公園)
所在地:山梨県南都留郡山中湖村山中1650
営業時間・定休日:開催期間/2023年5月上旬~2023年6月上旬
※予約不要
利用料金:清流の里入園料:
大人/500円
小中学生/240円
幼児無料
アクセス:【バス】
富士急富士急行線「富士山駅」から山中湖周遊バスふじっ湖号で「花の都公園」下車すぐ
【車】
東富士五湖道路「山中湖IC」から5分
駐車場:220台、有料
普通車/300円
大型車/1,000円
二輪車/100円
イベント情報:山中湖 花の都公園のネモフィラ
2023年5月上旬~2023年6月上旬
場所:清流の里(有料エリア)
※予約不要
ウェブサイト:山中湖花の都公園‐富士山・山中湖観光スポット

★まとめ★

東北・関東地方のネモフィラの見頃は、早いところでは4月上旬からゴールデンウィーク(4月下旬~5月上旬)にかけてとなります。
なお、山梨県の花の都公園は高原にあるため、見頃は5月上旬~6月上旬頃です。

チューリップやポピーなど春の花とのコラボレーションが楽しめるスポットも多いのが特徴。

★参考文献★

ネモフィラ絶景スポット‐ゴールデンウィーク‐ウォーカープラス

-花の名所
-, , , , , , , , ,