花の名所

埼玉県の紅葉の名所とイベント情報

日本には、四季折々の花々が楽しめる公園がたくさんあります。

花が見頃を迎える時期は、地元の人々から観光客まで多くの人でにぎわいますね。

そこで埼玉県の紅葉の名所とそのスポットの詳細、イベント情報などをまとめました!

デートや家族で夢のような世界を楽しんでみませんか。

※新型コロナウイルス感染防止のため、営業時間の変更やイベント内容の変更・中止の可能性があります。
※事前にウェブサイト等で最新の情報をご確認ください。

埼玉県の紅葉の名所とイベント情報

【月の石もみじ公園】

埼玉県秩父郡にある自然豊かな「月の石もみじ公園」。
紅葉スポットとして高い人気を誇り、「もみじ公園」の名の通り何十本もの紅葉が密集している。
紅葉は、例年11月上旬から12月上旬に見ごろを迎える。
岩畳と赤壁と呼ばれる絶壁から、荒川水面に映りこむ紅葉を楽しむことができ、見頃の時期にはライトアップが行われ、夜間の紅葉観賞を楽しむことができる。
公園以外にも宝登山(ほどさん)神社と埼玉県立自然の博物館の一部でも同時期にライトアップが行われる。

見ごろ:11月上旬~12月上旬
お問い合わせ:0494-66-3311(長瀞町観光協会)
所在地:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞947
営業時間・定休日:
利用料金:入場料:
中学生以上/200円
アクセス:【電車】
秩父鉄道秩父本線「上長瀞駅」から徒歩5分
駐車場:あり、有料(500円)
※周辺に臨時駐車場あり
イベント情報:ライトアップ
2021年11月12日~2021年11月23日
16時~21時頃
ウェブサイト:長瀞町観光協会公式サイト|埼玉県の観光良地 nagatoro

【平林寺(金鳳山 平林寺)】

平林寺の建造物を取り囲むように、約43haにもおよぶ国指定天然記念物平林寺境内林が広がる。
武蔵野の面影を色濃く残す雑木林が紅葉する様は必見!
※一脚・三脚の使用不可

見ごろ:11月中旬~12月上旬
お問い合わせ:048-477-1449(新座市役所 観光プラザ)
所在地:埼玉県新座市野火止3-1-1
営業時間・定休日:営業時間/
平日:9時~16時30分(最終入場は16時)
定休日/無休
利用料金:大人/500円
子供/200円
アクセス:【電車】
JR武蔵野線「新座駅」2番出口から徒歩約30分
東武東上線「志木駅」南口から徒歩約50分
東武東上線「朝霞台駅」南口から徒歩約52分
【車】
関越自動車道「所沢IC」から約10分
駐車場:あり
イベント情報:
ウェブサイト:野火止 平林寺 公式サイト|臨済宗妙心寺派

【城峯公園】

神流湖(かんなこ)を望む標高500mの高台にある城峯公園では、11月上旬~11月下旬が紅葉の見ごろ。
さらに、10月下旬~12月上旬には淡いピンクの花を咲かせる冬桜が開花し、幻想的で見応えのある紅葉とのコラボレーションが楽しめる。

見ごろ:11月上旬~11月下旬
お問い合わせ:0495-77-0703(神川町役場経済観光課)
平日8時30分~17時15分
所在地:埼玉県児玉郡神川町大字矢納1277-3
営業時間・定休日:入場時間/
8時~20時
※冬桜開花時期10月下旬~12月上旬以外は8時~17時
利用料金:
アクセス:【電車】
JR高崎線「本庄駅」から朝日バスで終点「神泉総合支所」下車乗換、神川町営バスで「城峯公園」下車すぐ(所要時間約70分)
【車】
関越自動車道「本庄児玉IC」から約45分
駐車場:普通車35台、無料
臨時駐車場:普通車80台、無料
※大型車も駐車可能
イベント情報:令和3年度冬桜まつり
10月最終日曜日
※2021年の冬桜まつりは中止となりました。
ウェブサイト:神川町観光協会|花と自然と歴史の町へようこそ

【大宮公園】

埼玉県さいたま市にある大宮公園は、現在ある県営公園の中では最も長い歴史を持ち、スポーツ施設や動物園も有する巨大な都市公園。
桜の名所として有名な公園だが、紅葉の綺麗なスポットとしても知られている。
園内にはモミジやイチョウなど、たくさんの樹木があり、例年11月上旬から12月上旬に紅葉の見頃を迎え、黄色一色となったイチョウの木や、日本庭園の水辺をカエデやメタセコイアが美しく彩る。

見ごろ:11月上旬~12月上旬
お問い合わせ:048-641-6391(大宮公園事務所)
8時30分~17時15分
12月29日~1月3日休み
所在地:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4
営業時間・定休日:終日営業
※園内の施設については施設ごとに営業日が異なる。
利用料金:
アクセス:【電車】
東武野田線(東武アーバンパークライン)「北大宮駅」出口から徒歩約11分
東武野田線(東武アーバンパークライン)「大宮公園駅」出口から徒歩約13分
JR東北新幹線(山形新幹線・秋田新幹線・北海道新幹線含む)・上越新幹線・宇都宮線・高崎線・湘南新宿ライン・京浜東北線・埼京線・川越線「大宮駅」東口から徒歩約19分
駐車場:278台、有料
1時間まで200円、以降30分毎に100円
イベント情報:
ウェブサイト:埼玉県大宮公園

【嵐山渓谷(らんざんけいこく)】

岩畳と槻川の清流、周囲の木々が織りなす見事な景観の嵐山(らんざん)渓谷。
日本最初の林学博士・本多静六博士が当地を訪れた際、京都の嵐山の風景によく似ていると「武蔵国の嵐山(むさしのくにのあらしやま)」と言われたのが町名の由来。
見どころは冠水橋から上流へ向かう散策路と、展望台から与謝野晶子歌碑へと向かう遊歩道。
周囲の木々が鮮やかに織りなす紅葉と、槻川の清流に映る彩りを楽しめる。
タイミングが良ければ、与謝野晶子歌碑の先のススキが原も楽しめる。

見ごろ:11月下旬~12月上旬
お問い合わせ:0493-81-4511(嵐山町観光協会)
9時~17時
所在地:埼玉県比企郡嵐山町鎌形
営業時間・定休日:
利用料金:散策自由
アクセス:【バス】
東武東上線「武蔵嵐山(むさしらんざん)駅」西口から「せせらぎバスセンター(と02系)」行きバスで約10分「休養地入口」下車、徒歩15分
【車】
関越自動車道「東松山IC」または「嵐山小川IC」から約15分(嵐山渓谷バーベキュー場駐車場)
駐車場:300台、有料
イベント情報:嵐山渓谷紅葉まつり
2021年11月20日・2021年11月21日
ウェブサイト:嵐山渓谷|一般社団法人嵐山町観光協会|埼玉県|嵐山町

【喜多院(川越大師)】

埼玉県川越市にある喜多院は、良源(慈恵大師、元三大師とも)を祀る川越大師の別名で知られ、建物の多くが重要文化財に指定されている。
広大な境内は池や堀を廻らせた景勝地となっている。
例年11月下旬から12月上旬に紅葉の見頃を迎え、真っ赤に染まるモミジやイチョウを見ることができる。

見ごろ:11月下旬~12月上旬
お問い合わせ:049-222-0859(喜多院拝観寺務所)
9時~16時
所在地:埼玉県川越市小仙波町1-20-1
営業時間・定休日:拝観時間/8時50分~16時
利用料金:
アクセス:【電車】
東武東上線・JR川越線「川越駅」から徒歩約20分
東武東上線「川越市駅」から徒歩約18分
西武新宿線「本川越駅」から徒歩約15分
【車】
関越自動車道「川越IC」から約20分
圏央道「川島IC」から約19分
駐車場:明星駐車場:
133台、有料
普通車/
土日祝・正月等混雑期:3時間まで500円
平日:1時間まで200円(以降1時間毎100円)
大型バス/
2時間まで1,000円(以降1時間毎500円)
3月1日~11月23日:9時~16時30分
11月24日~2月末日:9時~16時
イベント情報:
ウェブサイト:喜多院の紅葉|川越大師 喜多院

【鎌北湖】

鎌北湖は山間にある周囲2kmほどの小さな湖で、別名「乙女の湖」とも呼ばれている。
11月中旬から12月上旬にかけて紅葉の見頃を迎え、周囲を見事に彩る。
散策しながら紅葉を眺めるのがおススメ。
紅葉シーズンには湖北岸の道沿いのモミジが見頃を迎え、湖畔の景観に色を添える。

見ごろ:11月中旬~12月上旬
お問い合わせ:049-295-2112(毛呂山町産業振興課 商工観光課(内線214))
所在地:埼玉県入間郡毛呂山町宿谷356-7(第一駐車場)
営業時間・定休日:
利用料金:スワン(足漕ぎ)ボート:
30分1,000円
手漕ぎボート:
30分600円
アクセス:【電車】
JR八高線「毛呂駅」から徒歩60分
東武越生線「東毛呂駅」から徒歩70分
※いずれもタクシー乗り場あり
【車】
関越自動車道「鶴ヶ島IC」から約30分
関越自動車道「城戸西スマートIC」から約20分
圏央道「川島IC」から約19分
駐車場:200台、無料
イベント情報:
ウェブサイト:鎌北湖

【国営武蔵丘陵森林公園】

東京ドーム約65個分の広大な敷地に木々が広がる国営武蔵丘陵森林公園では、各所で紅葉を楽しめる。
なかでも約20種・約500本のカエデが集まるカエデ園は、11月中旬から下旬に見ごろを迎える人気スポット。
夜間開園「紅葉見ナイト(もみじみないと)」も実施予定。
草月流による竹や間伐材を活用した「空間インスタレーション」や、足元を明るく照らす「アート行灯」の設置など、アートイルミネーションも行われ、街中とはひと味違った味わい深い雰囲気が楽しめる。
「紅葉見ナイト」では、カエデ園の散策と合わせて、キャプテンバブルショー、もみじぃの魔法 de Showなど光と音の演出も楽しめる。

見ごろ:11月中旬~11月下旬
お問い合わせ:0493-57-2111(国営武蔵丘陵森林公園 管理センター)
9時30分~17時
所在地:埼玉県比企郡滑川町(なめがわまち)山田1920
営業時間・定休日:入場可能時間/
9時30分~17時
11月は16時30分まで
12月~2月は16時まで
※夜間開園実施日は10月・11月は20時まで、12月は時間未定
利用料金:大人(高校生以上)/450円
シルバー(65歳以上)/210円
中学生以下無料
※シルバーは年齢確認必要
アクセス:【バス】
東武東上線「森林公園駅」1番のりばから立正大学行きまたは熊谷駅南口行きバスで「滑川中学校」下車、徒歩5分
【車】
関越自動車道「東松山IC」から約10分
駐車場:1600台、有料
普通車/1日650円
大型車/1日1,650円
原付・自動二輪/1日250円
イベント情報:紅葉見ナイト
2021年11月15日~19日・22日・24日~26日
16時30分~20時
ライトアップあり
ウェブサイト:国営武蔵丘陵森林公園|全国で初めての国営公園

【埼玉県花と緑の振興センター】

花と緑の振興センターは、樹木・果樹苗木などの生産出荷の指導、盆栽等の輸出振興、緑化に対する知識の向上等に関する業務を行っている。
園内には植木類、観賞用樹木類を中心に2000種類以上の植物を展示している。
紅葉は例年11月中旬から12月上旬に見ごろを迎える。

見ごろ:11月中旬~12月上旬
お問い合わせ:048-295-1806(農林部 花と緑の振興センター)
所在地:埼玉県川口市安行1015
営業時間・定休日:開園時間/
4月~9月:9時~16時30分
10月~3月:9時~16時
定休日/
年末年始(12月29日~1月3日)
利用料金:無料
アクセス:【バス】
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線「東川口駅」南口2番のりばから国際興業バス(西川04系統西川口駅東口行き)で約20分、「花と緑の振興センター」下車すぐ
【電車】
埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線「戸塚安行駅」から徒歩16分
駐車場:あり、普通車37台(うち、身障者用2台)
大型バス不可
イベント情報:
ウェブサイト:埼玉県花と緑の振興センター

【出世稲荷神社】

埼玉県川越市にある出世稲荷神社は、1832年(天保2年)に京との伏見稲荷神社本宮より分祀した神社。
名前の通り出世のご利益や、伏見稲荷と同様に五穀豊穣や商売繁盛のご利益もあるとされている。
出世稲荷神社には、鳥居とともに神社を守る大きなイチョウの木がある。
市の天然記念物に指定されている2本のイチョウは樹高約26.5m、樹齢600余年とされ、例年11月中旬から12月上旬に見ごろを迎える。

見ごろ:11月中旬~12月上旬
お問い合わせ:049-225-4975(連雀町 熊野神社)
所在地:埼玉県川越市松江町1-7
営業時間・定休日:営業時間/境内自由
定休日/無休
利用料金:無料
アクセス:【車】
関越自動車道「川越IC」から11分
圏央道「狭山日高IC」から34分
【電車】
西武新宿線「本川越駅」から徒歩7分
東武東上線・JR川越線「川越駅」東口から徒歩16分
東武東上線「川越市駅」から17分
【バス】
東武東上線「川越駅」東口、JR川越線「川越駅」東口、西武新宿線「本川越駅」から東武バス(川越01、川越02、川越03、川越04、川越09、若02、東坂02系統)で「中原町」下車、徒歩3分
東武東上線「川越駅」西口、JR川越線「川越駅」西口、西武新宿線「本川越駅」から小江戸巡回バスで「小江戸蔵里(川越市産業観光館)」下車、徒歩3分
駐車場:なし
イベント情報:
ウェブサイト:出世稲荷神社|川越の観光・お出かけ情報 カワゴエール

【県営所沢航空記念公園】

所沢航空記念公園は日本で初めて飛行場ができた場所に作られた公園で、東京ドーム11個分の広さの園内では四季折々の植物を見ることができる。
例年10月下旬から11月上旬頃には園内の木々が赤や黄色に色づき始め、カエデやイチョウなどの紅葉を楽しむことができる。
園内の紅葉は風情があり、散策路を巡りながら紅葉狩りを楽しむことができる。
また時計塔から続くイチョウ並木も見ごたえあり。

見ごろ:11月下旬~12月上旬
お問い合わせ:04-2998-4388(所沢航空記念公園)
9時~17時
所在地:埼玉県所沢市並木1-13
営業時間・定休日:
利用料金:
アクセス:【電車】
西武新宿線「航空公園駅」から徒歩すぐ
【車】
関越自動車道「所沢IC」から国道463号を所沢市街方面へ約20分
駐車場:580台、有料
2時間まで無料。
以降普通車は1時間毎100円、大型車は30分毎500円。
※大型車(マイクロバス含む)は事前予約必要
※バイク(大型含む)は駐輪場へ
イベント情報:
ウェブサイト:所沢航空記念公園|公益財団法人埼玉県公園緑地協会

【関堀の大イチョウ】

埼玉県ときがわ町大字関堀の県道30号(飯能寄居線)脇に屹立している大イチョウは町指定の天然記念物。
伝承年齢は1200年で、鎌倉・室町じだいには慈光寺道として、江戸時代には山根筋(八王子方面と上州)を結ぶ街道として人と物の往来を見守ってきたと思われる。
晩秋には美しい黄葉が人々の目を楽しませてくれる。
2002年計測時点では、幹回り9.35m、樹高15m。

見ごろ:11月下旬~12月上旬
お問い合わせ:0493-65-1521(代)(ときがわ町役場)
所在地:埼玉県比企郡ときがわ町大字関堀 木のむら物産館近く
営業時間・定休日:
利用料金:
アクセス:【車】
関越自動車道「東松山IC」または「嵐山小川IC」から30分
圏央道「鶴ヶ島IC」または「狭山日高IC」から50分
【バス】
JR八高線「明覚駅」またはJR八高線・東武越生線「越生駅」からときがわ町路線バスで「深町」下車、徒歩5分
東武東上線「武蔵嵐山駅」または東武東上線・JR八高線「小川町駅」からときがわ町路線バスで「深町」下車、徒歩5分
駐車場:あり(木のむら物産館駐車場)
イベント情報:
ウェブサイト:埼玉県ときがわ町―記念物―埼玉県ときがわ町

【日枝神社のケヤキ】

日枝神社のケヤキは埼玉県ときがわ町大字大附の日枝神社社殿裏にある御神木で、町指定の天然記念物。
2002年計測で幹回り6.87m、樹高16mある。
かつて町指定文化財だったが、樹形の変化と樹勢の著しい衰退によって平成30年5月30日付で解除された。

見ごろ:11月中旬~
お問い合わせ:0493-65-1521(代)(ときがわ町役場)
所在地:埼玉県比企郡ときがわ町大附672 日枝神社
営業時間・定休日:
利用料金:
アクセス:【車】
関越自動車道「東松山IC」または「嵐山小川IC」から35分
圏央道「鶴ヶ島IC」または「狭山日高IC」から55分
【バス】
JR八高線「明覚駅」またはJR八高線・東武越生線「越生駅」からときがわ町路線バスで「深町」下車、徒歩5分
東武東上線「武蔵嵐山駅」または東武東上線・JR八高線「小川町駅」からときがわ町路線バスで「日枝神社下」下車、徒歩1分
※ときがわ町デマンドバスは要予約
駐車場:なし(日枝神社前に広い路肩あり)
イベント情報:
ウェブサイト:埼玉県ときがわ町―記念物―埼玉県ときがわ町

★参考文献★

全国 花・自然のよりみち案内―ロコナビ
全国のイベント一覧・花・自然―ウォーカープラス

-花の名所
-, , ,

Copyright© おでかけインフォ〜家族と楽しむ外遊び , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.