花の名所

中国・四国地方の梅の名所と梅まつり

2月になると、あちこちで梅の花が咲き始めますね。

早いところは1月から咲き始めるようです。

白梅や紅梅だけでなく、中にはピンク色もあったりして、
その美しさは人々の心を惹きつけてやみません。

日本にはいくつもの梅の名所があり、梅の開花に合わせて梅まつりを開催しているところがあります。

そんな中国・四国地方の梅の名所と見どころやイベント情報などをまとめました!

梅の優しい香りに癒されに行きませんか?

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントが中止・内容が変更されている場合があります。
※ウェブサイト等で最新の情報をご確認ください。

岡山県の梅の名所と見どころ・イベント情報

【津山市神代(こうじろ)梅の里公園】

約4万平米の園内に鹿児島紅梅、八重寒梅、寒紅しだれ梅、甲州小梅など紅白合わせて14品種の梅の木が植えられている広大な公園。
山頂へと続く遊歩道は紅梅で覆われ、まるで花のトンネルのような幻想的な美しさ。
さらに頂上の展望台からは中国山脈の山並みが一望できる。
3月上旬から3月下旬にかけて「梅の里梅まつり」が開催。

例年の見ごろ:3月中旬~3月下旬
梅まつり情報:津山市神代梅の里公園 梅まつり
2022年2月19日~2022年3月27日
10時~15時
営業時間・定休日:営業時間/24時間
定休日/無休
料金等:無料
所在地:岡山県津山市神代622-1[地図
お問い合わせ:0868-57-2075
※外での作業が多いため、出られないことがあるとのこと。
その場合は、時間をおいてお掛け直しください。
アクセス:【車】
中国自動車道「院庄IC」から約20分
【電車】
JR姫新線「美作千代駅」からタクシーで約15分
駐車場:普通車86台、バスも可
ウェブサイト:津山市神代梅の里公園(観光案内)|津山市公式サイト

【岡山後楽園】

約300年前に岡山藩2代藩主の池田綱政が、藩主の安らぎの場として作らせた約14万平米を誇る回遊式庭園で、日本三名園のひとつとされている。
約100本植えられている梅は、園内に咲く椿や水仙と同時に鑑賞できる。

例年の見ごろ:2月上旬~3月上旬
梅まつり情報:
営業時間・定休日:営業時間/
3月20日~9月30日:7時30分~18時(入園受付は17時45分まで)
10月1日~3月19日:8時~17時(入園受付は16時45分まで)
※行事開催により開園・閉園時間の変更もあり
休園日/年中無休
料金等:入園料:
大人/410円
シニア(65歳以上)/140円
高校生以下無料
所在地:岡山県岡山市北区後楽園1-5[地図
お問い合わせ:086-272-1148
アクセス:【バス】
JR山陽新幹線・山陽本線・赤穂線・伯備線・宇野線(宇野みなと線)・瀬戸大橋線・津山線・吉備線(桃太郎線)「岡山駅」からバスで「後楽園前」下車すぐ
【電車】
JR山陽新幹線・山陽本線・赤穂線・伯備線・宇野線(宇野みなと線)・瀬戸大橋線・津山線・吉備線(桃太郎線)「岡山駅」から徒歩約25分
駐車場:普通車/570台
1時間あたり100円
大型車/12台
1日1回620円
ウェブサイト:ホーム/後楽園

山口県の梅の名所と見どころ・イベント情報

【冠山総合公園】

菅原道真公ゆかりの冠天満宮に隣接し、2000本もの梅が咲き誇る西日本有数の梅園。
約100種類ある品種も随一で、他では見られない梅の花に出会えるかも。
瀬戸内海を一望できる開放的なロケーションも自慢。
梅まつり期間中の土日には野点(のだて)や邦楽演奏、舞踊、特産品販売、フリーマーケットなど多彩な催しでにぎわう。

例年の見ごろ:2月中旬~3月上旬
梅まつり情報:冠山総合公園 梅まつり
2022年2月5日~2022年2月27日
営業時間・定休日:営業時間/9時~17時
休園日/
毎月第2・第4水曜(祝日等にあたる場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
料金等:入園料:
高校生以上/100円
※梅まつり期間中の土日祝のみ
所在地:山口県光市室積村6288[地図
お問い合わせ:0833-74-3311(冠山総合公園管理事務所)
アクセス:【バス】
JR山陽本線「光駅」よりJRバス(室積方面行き)「戸仲」下車、徒歩約3分
【車】
(広島方面から)
山陽自動車道「熊毛IC」から約20分
(九州方面から)
山陽自動車道「徳山東IC」から約25分
駐車場:118台
うち、身障者用8台
ウェブサイト:冠山総合公園|光市室積にある梅の里(冠梅園)|オートキャンプ場

徳島県の梅の名所と見どころ・イベント情報

【美郷の梅】

吉野川から少し入った静かな里山、約60万平米の土地ほぼ全域に梅が栽培され、石積みの集落とともに梅を鑑賞できるのが風情豊か。
見ごろの時期には「美郷梅の花まつり」が開催される。
自然豊かな美郷の春を満喫しながら散策する「梅の花見ウォーク」や地元の特産物の販売など、様々なイベントが行われる。

例年の見ごろ:2月中旬~3月中旬
梅まつり情報:美郷梅の花まつり(2月中旬~3月中旬)
梅の花見ウォーク(2月中旬~3月中旬)
※2022年の「美郷梅の花まつり」「梅の花見ウォーク」は中止になりました。
営業時間・定休日:営業時間/入園自由
定休日/無休
料金等:無料
所在地:徳島県吉野川市美郷川俣13-10(美郷梅工房)[地図
お問い合わせ:0883-22-2226(吉野川市商工観光課)
アクセス:【電車】
JR徳島線「阿波山川駅」から車で約10分
【車】
徳島自動車道「脇町IC」から国道192号・193号経由で20分
駐車場:梅の花見ウォーク開催日のみ駐車可能(無料)
ウェブサイト:美郷の梅ー徳島県観光情報サイト阿波ナビ

愛媛県の梅の名所と見どころ・イベント情報

【七折梅園】

砥部町の小高い山中、美しい自然に囲まれた立地に広がる梅園。
1万6000本ほどある梅の木は、手間を惜しまず大切に育てられた木々ばかり。
紅白ピンクと可憐な花が咲き誇る。
七折地区の小梅は品質の高さから「青いダイヤ」と称されたほどで、梅まつり期間中はそれらの梅の加工品の販売や試食も!
入園できるのは梅まつり期間中のみなので、ぜひこの時期に足を運びたいところ。

例年の見ごろ:2月下旬~3月上旬
梅まつり情報:七折梅まつり
2022年2月23日~2022年3月6日
営業時間・定休日:営業期間・時間/
開花時期のみ開園
10時~16時
料金等:入園料:
大人/300円
大人団体(20名以上)/250円
中学生以下無料
所在地:愛媛県伊予郡砥部町七折109[地図
お問い合わせ:089-962-3064(農事組合法人ななおれ梅組合)
アクセス:【車】
松山自動車道「松山IC」から約20分
駐車場:約100台、無料
ウェブサイト:【四国砥部町】七折梅園

【南楽園】

四国最大規模の日本庭園で、「日本の都市公園100選」にも選ばれている。
敷地内の梅園には、全国から選りすぐられた銘木・古木15種類約160本の梅が植栽され、1月上旬より開花。
「南楽園梅まつり」開催期間中に登場する梅見茶屋では梅茶のふるまいがあるほか、座敷雛の展示、福餅まきなどのイベントも。

例年の見ごろ:2月上旬~2月中旬
梅まつり情報:南楽園梅まつり
2022年1月29日~2022年3月6日
光の梅回廊
2022年2月10日~2022年2月13日
17時~20時
営業時間・定休日:営業時間/9時~17時
休園日/
年末年始(12月29日~1月1日)
料金等:入園料:
大人(18歳以上)/310円
子供(小学生以上)/150円
65歳以上/150円
所在地:愛媛県宇和島市津島町近家甲1813[地図
お問い合わせ:0895-32-3344(南レク株式会社)
アクセス:【車】
宇和島道路「津島岩松IC」から約5分
【バス】
JR予讃線(予土線直通含む)「宇和島駅」から宇和島バスで約40分「南楽園」下車すぐ
駐車場:約500台、無料
ウェブサイト:南楽園ー南レクへようこそ!

★参考文献★

【全国】梅の名所・梅まつり開催情報【楽天トラベル】

-花の名所
-, , , , , ,